So-net無料ブログ作成
検索選択

首都圏単身食生活 其の七拾 伯爵邸 [Life in East]

皆様 お邪魔できなくて申し訳ありません



生存確認の記事ですのでコメント欄は閉じさせていただきます(涙)





いつごろだったか



某国営放送で72時間1ヶ所をずっと取材するという番組をこのお店でやっていました



24時間営業だからでしょうか



イマドキは減っているのに 珍しいですよね



獏のさいたま生活の中で時々 癒やしと安らぎを与えてくれる場所なんです





伯爵邸@大宮
大宮 伯爵邸 (1).jpg
大宮駅から徒歩5分くらいでしょうか



繁華街の片隅に 十分な存在感を持って鎮座しています
大宮 伯爵邸 (3).jpg
周囲に雑に置かれた鉢植えや飾り物?たちも



お店の雰囲気と妖気に圧倒されたのか 静かにしています



そして看板メニューのナポリタン^^)
大宮 伯爵邸 (2).jpg
混んでいたせいか すぐに出てきたなぁ・・・作り置きかなぁ(涙)



でもあの雑然としたカオスな雰囲気には



何を持っても代えがたい「何か」があります☆



大宮へお出かけの際はぜひ(^w^)














サクラサクマデノミチノリ ヽ(゜▽、゜)ノ [Family]

京都御所 (4).JPG

前記事に 多くのお祝いのコメントを頂戴し誠に有難うございました





今回は 出来の悪い父親の 備忘録のような独り言記事です



少々長くなります どうぞスルーなさって下さい



そして どんな場面でも自分のことは棚上げしています(笑)






先日 誠に僭越ながら 獏家長男の 大学入試合格を報告させていただきました




獏は 彼の二次試験受験の日程に合わせて



もし合格したら住む部屋を探す というミッションを帯びて上洛しました



事前にネットで50を超える物件を探して検討し 不動産会社ともやり取りを重ねていたので



現地では 案外早く候補をいくつかに絞ることができ あとは本人に見せるだけとなったので



空いた時間は有効活用せねばということで(笑)



京都御所が予約不要で見学自由になっていましたので入ってみました



今回の写真はすべて その時の京都御所です☆





観光客が少なく厳かな雰囲気の中を歩きながら



獏の胸には 彼が生まれてからこれまでの関わり方や導き方など



ずっと思い出したり考えたり 反省したり・・・様々な思いが交錯していました



京都御所 (1).JPG

獏は 息子たちに 覚えたり考えたりすることは



「楽しい^^」ことなのだよと いつも語りかけていました



キャンプや川遊びや海遊びをしながら



野菜や山菜 米の収穫をしながら



カードゲームやボードゲームを一緒にやりながら



元素記号や周期表を覚える語り口を聞きながら



「考える」「覚える」「意見を交わす」そして「感じる」ということは



「楽しい^^」ことだと思うように導いてきました



獏家には TVゲームを始めデジタル式のゲームやおもちゃはありません



購入したことがないのです というか必要なかったのです



触れ合う自然、書籍、カードゲーム、ボードゲーム、将棋やトランプ・・・それで十分でした


京都御所 (2).JPG

獏妻は 彼らがまだ言葉を話せないくらい幼い頃から



何事もちゃんと言葉で説明していました



単純に 褒める 叱る 怒るではなく



「どうしてこういうことをしないほうがいいのか」



「なぜ父母は今 嬉しい または悲しい顔をしているのか」



理解するかどうかは別として 粘り強く言葉で説明していました



彼らはキョトンとして聞いていましたが^^)


京都御所 (3).JPG

ある日 小学校も半ばの学年に差し掛かった長男が言いました



「塾へ行ってみたい 学校の授業より難しいことも習ってみたい・・・」



獏は 自主性を最も重んじたいと思っているので即座に許可しました



彼は2週間に1日の午後だけ 塾に通い始めました



通っていると 成績の如何に関わらずどんな塾でも中学受験を勧めてきます



彼は自然とそれを志すようになり 結果的には第一志望とした中学に入学しました


京都御所 (5).JPG

入学した学校は 彼にはとても水が合ったようで



多くの友人に囲まれて とても楽しい中学高校時代だったようです



それを見ていた次男も 兄の背中を追いかけるように



同じ塾へ行くと言い始め 同じ中学を受験し入学しました


京都御所 (6).JPG
高校3年生になり そろそろ志望校を決めるであろう頃



いつもはLINEでしか連絡をしてこない彼が 珍しく電話をかけてきました



「志望校を決めました ここです よろしくお願いします」



そこは旧帝大と言われる難関校でした



獏の胸の中を 様々な思いや不安や期待が逡巡しましたが



彼が自分で決めたことですので 「了解した^^」とだけ言いました


京都御所 (7).JPG
センター試験を受験し 自ら設定したラインをクリア出来たので



予定通り 第一志望の大学学部学科を受験すると言ってきました



獏は 獏妻に依頼されて 冒頭に書いたように部屋探しをし



合間には 上の空で時間を潰すために 古都を観光しながら 彼の健闘を祈りました


京都御所 (8).JPG


そして彼は 第一志望先に無事合格できました



獏は生まれて初めて 嬉しさに涙が出ました



いや嬉し涙というよりも



これまで全て自分で考え 自分で決めて 自らの力でやり遂げた彼に対する感動の涙でした

京都大学医学部正門.jpg

入学したら 必ず6年間在籍し国家試験を受験することが定められている学科です



家業ではないのに その部門を自らの意志で志したからには



世の中の人々のためになる仕事を目指してほしいと思っています



とはいえ 勉強しながらも



学生生活を充実した楽しいものにしてほしいとも思っています




本当に僭越な内容で恐縮ですが



嬉しさと高揚した気分 その反対側にある漠然とした不安



今も様々な感情が入り混じっていて まだまだ落ち着きません



皆さんのところにお邪魔して記事を拝見拝読するのが



とても嬉しく たくさんのエネルギーをいただくのですが



足跡を残すのが精一杯で コメントする余裕がありません



申し訳ありません(涙)



もう少し 自分の中でも整理整頓できたら



また 落ち着いて再開したいと思っています



引き続きよろしくお願い申し上げます














サクラサクヾ( ゚∀゚)ノ゙ [Family]

京都大学.jpg


ご無沙汰しております


獏の長男が受験生だったのですが やっと行き先が決まりました


獏や家族から離れた場所ですので 彼は一人暮らしになります


息子が世間に泳ぎだすのだなぁと 感慨深く感じています


まだまだ様々な雑事がありますので


時間のあるときに改めて報告記事を書きたいと思っています


よろしくお願い申し上げます











出会い